top of page
検索
  • honjo2

新年のご挨拶

2024年、本年も宜しくお願い致します。


おかげさまで、弊社は15期目を迎えることができました。

現在、弊社は「金融教育」にチカラを入れております。2023年より高校の必須科目に「金融教育」が追加され、今後生きていくには金融リテラシーの向上が求められます。

少額投資非課税制度(NISA)も恒久化され、個人にとって「投資」が始めやすくなり、身近なものになりました。

しかし「投資」について、間違った考えや誤解したまま金融商品を選択し、投資で1番重要な時間を無駄にしています。

弊社の金融教育は「正しい知識で正しい選択をする」ことを最大の目的としています。


税制や労務を始め、社会保障制度、年金制度など、年々目まぐるしく変わります。よって、金融教育には継続性が必要です。

現在、企業様の社員研修として定期的に開催しておりますが、今年度から個人のお客様にも金融教育をご提供させて頂きます。

閲覧数:29回0件のコメント

最新記事

すべて表示

教えてNISA!

最近「NISA」という名前を耳にすることがとても多いと思いませんか? 「ネットで調べたけど良く分からない・・・」など、 諦めてしまう人が多いようです。 簡単にご説明します ▶ ポイント 一般NISAと積立NISAがありますが、 初心者には断然「積立NISA」を お勧めします。 ▶ フロー ❶ NISA口座を作る (ネット証券がお勧め) ❷ 投資信託を選ぶ (国が認めた投資信託) ❸ 年間40万円(

DC制度の運用モニタリングについて

「運用が開始したら、その後はどうすればいいの?」と よくご質問を受けます。 基本的には「ほったらかし運用」です。 言葉は乱暴に感じますが、ほったらかしで大丈夫です。 投資に対してネガティブな 意見もありますが、 車の運転時に交通ルールを守ることに より事故を回避できます。 そして投資にもルールがあります。 そのルールとは 長期投資・分散投資・積立投資です。 DC制度は自動的に3つのルールを 網羅し

「業績連動型賞与」について考える。

日本経済団体連合会の「2020年賞与一時金調査結果」によると60.1%の会社が「業績連投型賞与」を支給しています。 業績連動を基準とする賞与の原資は、「営業利益」が57.1%・「経常利益」が35.7%となっています。 従来の賞与体系は「基本給×○ヶ月分」というのが一般的でしたが、業績連動型賞与は企業・個人の成果に応じて支払われる仕組みのため、成果主義型の賞与体系として近年導入する企業が増加していま

bottom of page